HOME -> 車両の名義変更をする時は?

車両の名義変更をする時は?

クルマは、日本では「動産」、つまり財産です。

なので、車検証に所有者が明確に表示されて、登録されています。

ところで、車検証には、「所有者」を記載する欄と、

「使用者」を記載する欄があることは、ご存知ですか?

通常、所有者の欄に記載されている人(または会社)が

そのクルマの所有権を持っているということになり、

使用者は、その所有者からクルマを借りている人という考え方となっています。

例えば、クルマをローンで買った場合などには、

ローンを完済するまでは、そのクルマの所有権が

クレジット会社とか、ディーラーにあるため、

車検証の上では、そのクレジット会社などの名義になっていて、

実際に購入した人が「使用者」となっているわけです。

つまり、全額キャッシュで購入するか、ローンを完済しない限り、

本当の意味での「自分のクルマ」にはならないということですね。

ローンを完済したら、「所有権解除」といって、

所有者であるクレジット会社等から、自分の名義に変更することができます。

この名義変更には、所有者の譲渡証明、印鑑証明、委任状という

いわゆる「書類3種」が必要になります。

ということは、クレジット会社等の名義になっているクルマの場合は、

ローンを完済するまでは、勝手に名義変更ができない仕組みになっていると

考えればいいということになりますね。



車両の名義変更をする時は?車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする