HOME ->  金融車の所有者は変更できるのか?

金融車の所有者は変更できるのか?

金融車というのは、一般的に名義が変更できない車のことを指します。
市場に出回っている金融車はおもにローン中やリース中の車が多く、そうした車の所有者名義はローン会社やリース会社となっています。
所有者の名義を変更するには、譲渡証明や印鑑証明、委任状が必要です。
ですから、ローンやリースが完済しない限りは名義変更をすることができません。
つまり、金融車というのは所有者の変更ができないものなのです。


ただし、所有者名義と使用者名義とは別のもの。
ローンが残っていて所有者名義の変更はできない場合であっても、金融車を購入して、使用者となることには何の問題もありません。
使用者としての名義を譲渡する旨の証明さえ持っていれば、なんの心配もなく車を使用することができるのです。
金融車を購入して使用する際に注意したいのは、車自体に違法性がないか、また、交通違反金の滞納や自動車税の滞納の状況などについてチェックしておくことです。
金融車をはじめて購入する場合には、販売店にこうした点について確認のうえ、問題のない旨の証明をだしてもらうと良いと思います。


購入の際の注意点さえおさえておけば、格安で購入できる金融車は断然お得。
楽しいカーライフを満喫するために、是非とも活用していただきたいと思います。



 金融車の所有者は変更できるのか?車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする