HOME -> ローン中の車を売るしかない!ってことになったら・・・

ローン中の車を売るしかない!ってことになったら・・・

せっかく大枚はたいて買った新車。

でも、その愛車の支払いが負担になってきちゃってるって言う人、

結構多いみたいですね。

中でも、突然解雇されてしまったとか、働けなくなってしまったっていうことになると、

もう、愛車を手放すしかありません。

ところが、ディーラーなどでローンを組んで車を購入した場合、

車検証をよくよく見ると、

「所有者」がローン会社やディーラーの名前になっています。

つまり、ローンを払い終えるまでは、自分の車ではないということ。

裏を返せば、自分のものではありませんから、勝手に売り飛ばしたりすることは

できないということになります。

日本では車は「動産」の扱いの「財産」なので、

土地や家屋と同じように、印鑑証明を添えて登録する必要があります。

ですから、売買をする時には、売る人買う人双方の印鑑証明や、

売る側が用意する譲渡証明、それに窓口に手続きに行く人に対する委任状が

必要になってくるわけです。

ところが、ローン中の車は、この「売る側の書類」を

ローンを完済するまでは出してもらえないのが普通です。

なので、ローン中の車を売ることは、一般的には難しいということになってしまうのです。

ただし、このような車を専門に扱っているショップなら、

相談に乗ってくれる場合があります。

金融車のディーラーをたずねてみるのも、ひとつの手段ですよ。



ローン中の車を売るしかない!ってことになったら・・・車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする