HOME -> 中古車より安い名義変更不可車

中古車より安い名義変更不可車

 車を購入したら、名義は誰になるでしょう。たいていの車の場合は、現金一括で購入すれば、所有者・使用者ともに購入したご本人になります。でも、自動車ローンを組んでの購入の場合には、使用者は購入者ですが、車の所有権を持っているのは、ローン会社になっていたり、車の販売業者になっていたりします。つまり、ローンを完済してはじめて、車の所有権も、購入者のもとに帰ってくるわけです。
 なかには、車をローンの支払い途中で、売ることになって、自動車ローンの残債処理をうまくしてもらえる場合もありますが、買取価格よりも、残債の方が高くなってしまうと、きちんと清算しなければ所有権をはずすことができません。
 所有権を外せず、名義変更がすぐにはできなくなっている状態で販売されている車は、金融車と呼ばれ、名義変更の点で少しワケありなのですから、中古車よりも安く売られることになります。
 しかし、もとの持ち主(使用者)が、ローンを完済し終われば、きちんと名義変更ができるものでもありますから、安く購入した分、お得感はありますね。
 万が一の時に、その車の持ち主であることを証明できる書類等がそろっていれば安心です。信頼できる専門の金融車販売店なら、その点もしっかりそろえてくれるはずです。
 



中古車より安い名義変更不可車車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする