HOME -> 車検証に書かれている所有者と使用者って?

車検証に書かれている所有者と使用者って?

車検証って、よくよく見たことがありますか? 誰の名義で、どこで使うか、そのためにどこで登録してあるかなどが 書かれているのが車検証。 でも、よく見ると、「所有者」と「使用者」っていう欄がありますよね。 これって、何のことなんでしょうか? クルマは、日本では「動産」という扱いで、まあ財産の一種とされています。 なので、クルマを担保にローンを組んだりできるんです。 ローンを完済するまでは、そのクルマの所有権は、ローン会社ということになり、 その会社名が書かれているのが「所有者」の欄、 一方、クルマを買った人が、自分の自宅で車庫証明をとって、 そこを「使用の本拠地」として登録をすることにより、 その人の名前が書かれるのが「使用者」の欄という使い方をされているのが、 一般的だと思います。 いわゆる「所有権がかかった状態」ですね。 もちろん、キャッシュで購入した場合には、 使用者欄と所有車欄は、同一ということになっているはずです。 クルマを売買する、つまり他の人に名義を移す場合には、 この「所有者」の譲渡証明、印鑑証明、委任状という 書類3点セットというものが必要になるため、 ローンを完済するまでは、名義変更ができないということになるわけです。

車検証に書かれている所有者と使用者って?車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする