HOME -> 盗難車でないか確認してから

盗難車でないか確認してから

金融車と聞くと、盗難車などの怪しげな車なのではないか?と疑う方が多いようです。
私自身は実際に盗難車が金融車として販売されていたという話を聞いたことはありませんが、都市伝説として根強くささやかれているようですね。

一般的に金融車と呼ばれているのは、車両をローンで購入した前のユーザーがローンを完済していない状態で車を売りに出して出回るものです。
ですから、車検証のうえでは所有者は信販会社やローン会社となっていて、使用者は前のユーザーのままになっています。
前のユーザーが自動車ローンの支払いを終えれば、名義変更が可能となりますが、購入する際には名義変更が不可能な場合が一般的。
ですから金融車を購入するときには使用者としての権利の証か販売店の販売証明書などをとっておくと安心だと思います。
ということで、金融車を買って乗ることは、なんの違法性もないのです。

ただしなかには、噂のように盗難車やレンタカー、リース車などを販売してしまう業者も存在するのかもしれません。
ですから、金融車を買う時には販売店が信頼できるかどうかを確かめることが必要だと思います。
問題のある車かどうかのチェックをきちんとしてくれる販売店とお付き合いすることが重要なのです。



盗難車でないか確認してから車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする