HOME -> 金融車には強制抹消された車が多い?

金融車には強制抹消された車が多い?

先日、知人から金融車って強制抹消された車のこと?という質問を受けました。
そんなことはありません。
なかにはそうした車もあるかもしれませんが、そればかりということでは全くありません。
金融車というのは、ローン返済中の車が買取にだされた場合や、担保として提出されていた車が返済不可能となり金融流れとなった場合などにでてくるもの。
その特徴としては、車検証に記載される所有者について変更することができないという点にあります。
金融車を買って乗る場合には、その車の所有者ではなく、使用者になるということなのです。


ちなみに、強制抹消というのは、車を車検を受けずに放置していたりすると、陸運局の方で通知のうえ、その職権で抹消されてしまうというもの。
つまり継続車検を受けることができなくなってしまうということです。
つまり、きちんと車検を受けていれば大丈夫。
たとえ車の所有者から陸運局に車検拒否の申請があったとしても、その申請は受理されないそうなので、継続車検は受けられるのです。


こうした点などで心配なことがあるようでしたら、購入前に販売店に問い合わせておくこと。
激安とはいえ、せっかく気に入った車を買うのですから、すべてをクリアにしてから楽しみたいものですよね。



金融車には強制抹消された車が多い?車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする