HOME -> 貸金業法が影響してますか?

貸金業法が影響してますか?

 2010年6月18日に施行された貸金業法の改正によって、「お客様の年収の1/3を超える貸し付け」が禁止されました。それによって、収入のない主婦や、無職の方などが、お金を借りらえなくなる事態が次々に起こりましたが、今は、またゆるやかな傾向もチラホラ見えてきました。
 確かに、収入が皆無なのに貸すことはいいのかどうか。でも、収入がないからこそ借りたいという心情もわかります。友達はまじめに働く良い人なのですが、彼の母親に少し(?)問題があり、そのせいでローンが組めなくなってしまった期間があったそうです。親族がブラックだったりすると、本人にはなんのトガがなくても、借りられなくなってしまう。不本意ですよね。
 彼は、その時車を買い換えたいと思っていたそうです。運がいいことに、彼が乗っていたのは金融車。もともと、中古車よりも安く手に入れた高級車です。今回のローンを組もうと思ったきっかけは、車の購入のためでしたから、とりあえず、今のっている愛車を査定してもらったそうです。すると、思っていたよりも査定額があり、それを元手に、貯金をくずして、憧れの新しい金融車を得ることができました。金融車は新車購入に比べて、価格も激安、買取でもなっとくできる結果がえられるというケースですね。
 



貸金業法が影響してますか?車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする