HOME -> よく耳にする金融車トラブルについて

よく耳にする金融車トラブルについて

欲しかった車を安く手に入れられたとしても、楽しく乗ろうとした途端にトラブルに巻き込まれてしまったのでは、何の意味もありません。
そこで、よく耳にする金融車に関するトラブルについてご紹介したいと思います。
本当にあったトラブルなのかどうかまでは未確認なのですが、知っておけば、トラブル回避のヒントになるはずです。
参考にしてみてください。


自分が耳にしたことがあるトラブルというのは、「税止め」という話。
税止めというのは、手に入れた金融車の自動車税の支払いをしようと思い、自動車税事務所に連絡すると、課税者からのストップがかかっているために納税できないと言われるような場合のこと。
このような税止めを行っているのはリース会社の所有する車であるような場合が多いようです。
ですから、金融車を購入する際には、リース車両であるかどうかをきちんと確認すれば回避できます。


つぎにご紹介したいのは、車検を受けた際に、放置違反金の滞納があるので納めるように言われるようなトラブル。
前の所有者が罰金を滞納していると、こういったトラブルにあってしまう可能性があります。
これを避けるためには、購入の際に、反則金の滞納などがないか、きちんと確認することが必要です。



よく耳にする金融車トラブルについて車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする