HOME -> 自動車の所有者を変更する時は

自動車の所有者を変更する時は

多くの人がご存知のように、

車検証には、その自動車の所有者と使用者が記載されています。

所有者というのが、実際にそのクルマに対して権利がある人、

そして、使用者というのが、実際にそのクルマを使用している人のことです。

もっとわかりやすく説明すると、

キャッシュで購入した場合には、所有者も使用者もそのクルマを買った人の名前になりますが、

ローンで購入した場合には、ローンが完済されるまでの間、

ディーラーやローン会社などが所有者となり、

購入した人は、使用者となっているということです。

つまり、ローンで購入したクルマって、完済できるまでは、

決して「マイカー」にはならないっていうことなんですよね。

この場合、自動車税などの請求は、使用者のほうに来ます。

もし、自動車の所有者を変更したいと思ったら、

所有者の譲渡証明と印鑑証明、それに委任状の、いわゆる3点セットの書類が必要になります。

変更する人も印鑑証明や委任状(本人が登録に行けば不要ですが)、それと車庫証明が必要です。

クルマは動産、つまり財産なので、登録に印鑑証明が必要なんですね。

ですから、ローンが完済できていないと、クレジット会社などからこの書類が出してもらえず、

所有者の変更ができないということになります。

 



自動車の所有者を変更する時は車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする