HOME -> クルマの所有者を変更するときは

クルマの所有者を変更するときは

クルマって、財産なんだって知ってましたか?

動産っていう分類になるんだそうですけど。

だから、クルマを所有する人は、登録をかけなければいけないし、

その登録のためには、印鑑証明が必要なわけです。

そう言われてみると、そうだったよねって、思い当たるかと思います。

登録をするのは自動車税のためだけってわけじゃないんですね(笑)

もちろん、財産だから、税金がかかるんですけど……。

このように、きちんと登録されて、誰の所有かが明確になっているわけですから、

そのクルマを売ったり、また中古車として買ったりする場合には、

当然名義を変更する必要が出てくるわけです。

クルマの所有者を変更する時には、

前のオーナーの譲渡証明と印鑑証明、それに委任状が必要です。

次のオーナーになる人も、印鑑証明が必要なのはもちろん、

違法駐車をなくすための車庫証明もあらかじめ取得しておかなければ、

名義を変更することはできません。

ここで、ちょっと注意したいのが、ローンで購入したクルマ。

ローンが完済されるまでは、担保としてクレジット会社が所有者になっているので、

勝手に名義変更をすることはできません。

ローンの完済前で名義変更ができない状態で市場に出回るクルマが、

金融車という扱いになるわけです。



クルマの所有者を変更するときは車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする