HOME -> お金を借りるときの「担保提供者」って?

お金を借りるときの「担保提供者」って?

ネットで「担保提供者と連帯保証人の違いって、何ですか?」という質問を目にしました。
そういえば、その違いって、何だろう?と思い、その回答と解説を興味深く読んだところです。
なるほどねぇ。
担保提供者と、連帯保証人というのは、似て非なるものなんだと、理解することができました。
ここで覚えたての知識を披露したいと思います。


まず、連帯保証人というのは、お金を借りた人(債務者)が返済できなくなった場合に、その借金を債務者に代わって返済しなければならない人のことです。
一方、担保提供者というのは、債務者が返済できなくなって債権者が担保提供を求めたとき、債務者に担保を提供しなければならない人のこと。
たとえば、親の土地に住宅ローンを利用して子供が家を建てる場合。
住宅ローンは土地を担保にするので、その持ち主である親は担保提供者となるわけです。
担保提供者と連帯保証人との違いは、担保提供者はあくまで担保を提供するだけであり、債務についての責任はないということ。
さきほどの例で子供が住宅ローンを返済できなくなった場合でも、担保である土地は提供しなければなりませんが、残った債務についての責任は親にはないということなのです。



お金を借りるときの「担保提供者」って?車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする