HOME -> 車検証の所有者と使用者の違い

車検証の所有者と使用者の違い

自分の車の車検証をじっくりと読んでみたことはありますか?
車検証というのは、車両番号や所有名義、車の重量やサイズなどの情報が掲載されている重要な書類です。
とはいえ、それを取り出すのは車検のときだけ、なんていう方も多いと思います。
1度は車検証をじっくりとチェックして、自分の車の状況を知っておくのも良いかもしれませんね。


車検証の所有名義の欄には、その車の所有者の名前が記載されています。
でも、自分の名前が載っていない!と驚かれた方もいるかもしれません。
ローン会社などの自動車ローンを利用して車を購入された場合には、ローン完済となるまではローン会社などの名前が記載されているのです。
晴れてローンを完済した暁には、ローン会社から完済証明といった書類が送られてくるので、それを使えば所有名義を自分に変更することができるようになります。


基本的に自動車を購入して乗り回すためには、車の使用者となれば大丈夫。
金融車のように所有者になれない場合でも、車の使用者になることはできるのです。
きちんとした販売店であれば、使用者としての証明書類などを準備してくれるので安心して購入することができると思いますよ。
金融車を買うなら、使用証明などの用意について確認するようにしましょう。



車検証の所有者と使用者の違い車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする