HOME -> 自動車の所有者が気になることとは

自動車の所有者が気になることとは

国土交通省が、自動車のナンバープレートに独自の地名を表示するいわゆる「ご当地ナンバー」の第2弾を今年の11月から導入すると発表したそうです。
今回導入されるのは、岩手県の「盛岡」、「平泉」、福島県の「郡山」、群馬県の「前橋」、埼玉県の「川口」、「越谷」、東京都の「杉並」、「世田谷」、愛知県の「春日井」、「鹿児島県の「奄美」の10種類。
新規登録や所有者の住所を対象地域に変更するときに交付されるそうです。

ナンバーについて気になっているという、自動車の所有者って、多いんですかね?
私はとくになんのこだわりもないのですが、覚えやすい数字の方がいいなという気はします。
なかには、お誕生日をナンバーにしていたり、ポルシェなら「911」にしていたり、いろいろな楽しみ方をしている人もいるみたいですね。
あ~、そういえば、ナンバーといえば、渋滞や退屈なドライブのときの暇つぶしで、周囲の車のナンバーを暗記したり、暗算のお題として活用したりして楽しんだりしています。
子供の頃には、黄色ナンバーを見るとラッキー!なんていう遊びをしたりもしていました。

最近はご当地ナンバープレートというのもあって、佐倉市の原付にはルパン3世のイラストのついたものがあったのだとか。
これからはナンバーやナンバープレートにもこだわってみようと思います。



自動車の所有者が気になることとは車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする