HOME -> たまには融資の意味をよく考えてみよう

たまには融資の意味をよく考えてみよう

お金を必要としている人に資金を融通することを「融資」といい、英語で貸付を意味する「ローン」ということもあります。
一般的によく利用されるのは、自動車を購入するための自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなどですよね。
とくに自動車ローンは人によっては一生に何度も利用することがあると思いますので、もっとも身近なものといえるかもしれません。


今回は私たちの生活にもっとも身近な自動車ローンの歴史について調べてみました。
日本で最初の自動車ローンと言われているのは、1960年台にはじまったプリンス自動車のオートローンみたいです。
プリンス自動車というのは、いまの日産自動車のこと。
当時は高額商品であった車を庶民でも買いやすくするため、こうしたサービスがはじまったようです。
その後、物販の世界で丸井が登場し、割賦販売方式を全国に広めたことで、車の販売にも割賦販売が行われるようになります。
そして、中古車市場の拡大とともに、信販会社などが中古車向けの自動車ローンサービスも開始。
より車が買いやすくなったのです。


こうして考えてみると、融資というサービスがあるおかげで、ものが動き、経済も活性化しているのだということがよく分かりますね。



たまには融資の意味をよく考えてみよう車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする