HOME -> 金融車のトラブル

金融車のトラブル

金融車に乗っていると、 金融車特有のトラブルに巻き込まれる可能性がゼロとはいえません トラブルの中で、比較的多いのが、「税止め」です。 これは、リース車などの場合に発生するトラブルで、 リース代金が払い込まれなくなった時点で、 リース会社が税金を支払えなくなるような措置をとってしまうことです。 他人名義のクルマであっても、税事務所で税金を払えば車検がとれますが、 この税止めをされてしまうと、車検をとることができなくなってしまうので、 購入する時には、リース車でないことを確認しておきたいものです。 また、前の使用者が違反をした反則金を滞納しているというトラブルもあります。 せっかく車検が通ったのに、反則金の滞納分を払うまで 車検証を発行してもらえないという場合があります。 このケースでは、その滞納金を肩代わりして支払う必要がありますが、 この件についても、購入前に、滞納の有無を確認しておくことができます。 他にも、前のオーナーが合鍵でクルマを盗んでしまうという話や、 偽の盗難届を出されてしまうということがあります。 いずれの場合も、車検証上の使用者は前オーナーのままですから、 ちょっと面倒くさいことになってしまいます。 これらのトラブルを、できるだけ回避するためには、 金融車のことを知り尽くしているようなショップからの購入を 考えたほうがいいと思います。

金融車のトラブル車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする