HOME -> 貸金業法改正で

貸金業法改正で

お金を知り合いとか親戚とかに貸すだけなら何ら問題はないのですが、
お金を貸す仕事をしようとすると問題が発生します。
お金を貸す仕事をするためには、貸金業法という法律のもと、
登録と資格試験の取得が必要となってきます。

なぜ、そんな法律が必要だというと、
返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が深刻な社会問題となっているからです。
なので今回改正された貸金業法(平成22年6月18日完全施行)では、お金を借りる人にも条件が厳しくなりました。
○借入総額が、年収の1/3まで
○専業主婦の人は配偶者の同意が必要
○一定額以上の借入の場合は、年収の証明書が必要
○個人事業主の人は決算書等の書類が必要
○個人の信用情報への登録が必要
○新たな借り入れの上限金利は20%以下 
などの条件が追加されました。

今まで問題なく貸金業者から借り入れていた人が、
法改正後は条件が厳しくなり借りることが出来ない人も出てきているようです。
又借り入れることが出来るとしても、いろんな条件要項を満たしていたりとかが必須となるようです。

貸金業者も違反すれば法令違反となり問題となり、
下手すれば貸金業の登録抹消なんてことにもなりかねないので、
融資審査が必然的に厳しくなります。



貸金業法改正で車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法

豊富な経験がありますので、現在トラブルに巻き込まれている方でも
お気軽に質問や相談をしてみて下さい。可能な限り知恵をお貸しします。

車金融・金融車購入で失敗しました…車金融・金融車攻略の方法、オタク管理人へ質問、相談をする